極楽フィリピンライフ

フィリピン生活5年目、気になる話題、身近な話題、移住、海外生活などジャンルを問わず更新していこうかと思います。

賞味期限切れな話題、サウスモール、小諸そば

皆様、本日も当ブログへアクセスしていただきありがとうございます。
二月に入りこちらフィリピンも夏に向けて日が少しずつ伸び始めています。


昼過ぎから雨が降り出したと思ったら分くらいで止み晴れてきました。
さて今日は小諸そばの紹介


結論からいうと、おいしい、価格も1品100ペソ前後で庶民的です。ほかの店はなぜ高いんだと疑ってしまいます。


■牛丼
フィリピンの吉野屋よりおいしいです、近くで毎日食べられたらいいなと思います。

■かき揚げそば

揚げ方は昨日のてんやもみならったほうがよいのではとアドバイスしたくなるくらいよくできています。スープの温度が気持ち低い気もしますが、一言申すほどでもないです

オーダーの仕方はカウンターでオーダーして着席して待つ感じ
現地の方にも味の良さがわかるんでしょう、結構混み合っていました。

きっと日本人の方の指導がよくきちんと目が行き届いてるんだなと印象、またキッチンの中がガラス張りで何をしているかわかるところが好印象


ガラスの向こうからスタッフが私が食べるところをじーっと見ておりきっと不安だったんでしょうね。


大満足の私は、思わず店員に向かい、古いですが笑っていいとも友達の輪のポーズ
スタッフの表情も笑顔になります。


そんな一生懸命さが伝わるお店でした。
またこの店、パッシグ市内のメガモールにもあるそうです。


日本からやってくるフランチャイズ、餃子の王将、ワタミなど高級レストラン系に走る店が多い中、庶民は路線に向かうこういう店を応援したくなります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。